グローバル人事コンサルティング

Global HR Consulting

ビジネスにおいて、国境という概念は薄らいできています。人や物が自由に行き来し、ビジネスチャンスの可能性は限りなく広がり続けています。
しかし、ビジネスを動かすのは人。どんなテクノロジーをもってしても、とって代えられない重要な資源・原動力は人材。

グラマシーエンゲージメントグループは、グローバル人事に特化したブティックコンサルティングファームとして、グローバル化する日本企業が直面する人事的課題を様々な角度からの視点で解決へと導くことを使命に、現実的なソリューションを提供しています。

人・プロセス・組織をグローバル規模で一元化

企業のグローバル化に伴い、組織構成はより複雑になってきており、日本本社主導の人財管理には明確なストラテジーが求められます。
グローバル人事の基盤作りにおけるファーストステップは、現在の組織、人事基盤の姿を正確に把握することから始まり、国内外の人事課題を洗い出します。

今まで点と点で結ばれていた日本本社と海外拠点が、しっかり「絆」という太い線で結ばれる企業へと発展させるために、グラマシーエンゲージメントグループはグローバル組織・人事に関する課題に「人事の現場」経験をフルに活かした分析、ソリューションを提供いたします。

  • ・社員プロファイリング
  • ・グローバル人事制度構築・見直し
  • ・外国人採用サポート(エンプロイヤーブランディング・英語採用要綱作成・面接指導)

グローバルコミュニケーションストラテジー

「伝える」だけでは「伝わらない」社内コミュニケーションのグローバル対応

また、多国籍人財が行き交う環境では、人々の中にある「心的国境」がビジネス成長の妨げになることがあります。
人の中にある「心的国境」を取り除き、様々な環境下でのビジネスに対応出来る能力を開発させることは、グローバルビジネスの成功に不可欠であり、海外拠点との円滑なコミュニケーションの図り方を再考することが非常に重要になります。

2020東京オリンピック招致の成功のキーファクターは、あの素晴らしい熱意溢れるスピーチであったことは言うまでもありません。心を込めた言葉は人を動かします。
海外拠点の現地従業員へ本社の真意を伝えるためには、単なる文書の翻訳から一歩踏み込んだ 「洗練されたコミュニケーション術」が鍵となります。
グローバルで一致団結する会社となるための一歩は、社内コミュニケーションからはじまり、特にトップからグローバル拠点へ発信されるメッセージ(主に英語)は本社の思いがダイレクトに伝わる絶好のチャンスとなります。
「伝える」から「伝わる」コミュニケーションを日本から世界へ。

  • ・ストラテジックコミュニケーション
    (海外拠点との円滑なコミュニケーションの図り方・M&A後の買収先従業員へ向けた人事事項説明等)
  • ・人事資料翻訳(日本語→英語)