概要
代表プロフィール

ご挨拶
会社概要






ご挨拶

誰一人として孤島ではなく、誰一人として一人ですべてではない。誰もが大陸の一部、主たるものの一部である。

企業内研修 英語deリーダーシップ®参加者より
英語deリーダーシップ®
研修で学んだスキルを業務のどのような場面で活かしていますか。
また活かす予定ですか。
・ 分からない点を明確にし、質問をしながら伝達ミスがないようにするアクティブリスニングの仕方を、今後電話会議で活かす予定。
・ 自分の要求を明確にしつつ、相手の立場を尊重するというassertiveな態度と言葉づかいを、今後会議での顧客との交渉に活かす予定。
・ 客先でも社内でも、交渉に難航した際には、研修で学んだステップを利用して、話を聞いてもらえるように流れを持っていくのに使いたいと思います。
・今までは「どうしよう」と、焦ってしまうことが多かったですが、「この場面はあのテクニックだ」と、方法を考えるステップが入ることで、少し冷静になれると思いました。
・英語学習だけでなく、ロジカルシンキング、マインドマップ等、ビジネスで有効ななスキルを学ぶことが出来たのが、非常に良かったです。
研修に参加してよかった点やスキルアップに役に立った内容を教えてください。 ・ 伝達ミスがないよう、分からない点を確認しつつコミュニケーションをとる・議論をするという姿勢を身に着けることができたこと。
・ 英語力ではなく英語に対する自信のなさが自分の課題だと気づけたこと。
・ 英語はただ単語や文法を覚えて、聞ければ良いと思ってましたが、どこまで深堀して聞くか?いかにしたら相手に伝わるかがたいせつであることを学びました。
研修プログラム全般について、ご意見等ございましたら、お書きください。 ・ 講師の方や用意されたプログラムが、グローバルビジネスに即した内容で大変有意義な研修でした。
今後も可能であれば、適時に類似の研修プログラムに参加させていただければ大変良い研鑽になると考えています。
・ 英語deリーダーシップは単なる英語講習ではなく、ビジネスパーソンのベースとも言うべき考え方を学べる講習でした。
研修内容に関するコメント ・ これまで英語でのコミュニケーションが苦手だと思ってきたが、マインド次第で乗り越えられると思うことができるようになり、非常に有益だった。
講師に関するコメント ・私達のマインドを変えようとしているのが伝わってきた。日本人のことも理解した上で話して下さるので、理解しやすく、何が問題点なのかも自発的に考えることができた。
・我々からの質問に対し、我々の実体験をヒアリングしてそれに対して応えるというところがとても素晴らしいと感じました。
・日本企業や日本人のことをよく分かっている先生で、大変きめ細やかな授業の進め方で大変分かり易かったです。
・フレンドリーな雰囲気の中にも、鋭い厳しいコメントがあり良かったです。

英語deリーダーシップ®のウェブサイトはこちら

英語deリーダーシップ®研修前と研修後に参加者には同じアンケートに答えていただきました。

英語de人事®
研修内容に関するコメント 一番に学んだ事は、英語というのはコミュニケーションのためのただの道具だという事。正しい文法で英語を学ぶのが重要ではなく、自分のメッセージを表現する事が重要だと言うこと。 例えば、ジェスチャーやイントネーション、ホワイトボード、声のピッチ、顔の表情などを意識する事が重要。 また、人事に関する基本用語を学ぶことの重要性を感じました。 私は英語をコミュニケーションの道具としてビジネスで役立てるためにもっと学ぶ必要があると思いました。自社の人事制度に関して説明するときは、もっと具体的に説明する必要があると思った。

英語でグローバル人事について学べるプログラムはユニーク。 講師は人事部経験が豊富なので、リアルなシーンを想定してロールプレイグなどを実践できるため、 グローバル人事に関わる人にとっては、普通のビジネス英会話スクールに通うよりも実践で役立つと思います。

全体として大変良く練られた構成であると感じました。特にグローバル採用に関するマインド部分と英語表現のテクニカル部分のバランスが私にはとても良と思います。

英語de人事®のウェブサイトはこちら